2019.7.7

今日はなんの日?

こんばんは🌙😃❗アトランティスアイゼンのてつさんです😲

 

そうです。7月7日は七夕🎋です❗❗

 

そういうわけで、
「夏の大三角形」や「織姫」「彦星」の探し方、
七夕伝説など、これらの星々の物語についてまとめていきます!

七夕にまつわる星座について
七夕の星座と「夏の大三角形」との関係とは?
いわゆる「夏の大三角形」を構成するのは、
「デネブ」「アルタイル」「ベガ」です。

七夕の星座にまつわる物語とは?

美しい天女「織姫」は、
万物を支配する神である「天帝(てんてい)」の娘です。

織姫は真面目で、よく働き、はた織りの技術も確かでした。

はた織りばかりの日々を送る娘をかわいそうに思った天帝は、
牛飼いの青年「牽牛(けんぎゅう)」を紹介し、
ふたりは結婚することになりました。

結婚した後の織姫は、
楽しい結婚生活に夢中になり、
全くはた織りをしなくなりました。

見かねた天帝は、
織姫と牽牛を、天の川を挟んで引き離しました。

悲しみに暮れるふたりに対して天帝は、
以前のように真面目にはた織りに励むことを条件に、
一年に一度、7月7日、七夕の日に、
天の川を渡って会うことを許したそうです。

 

七夕の星座の鑑賞方法について
七夕の星座はいつ頃見える?
七夕の星座である「彦星」「織姫」「天の川」は、
当然七夕の季節、7月7日に見えるものだと思いますよね。

 

①夜9時頃に東の空を見上げる(ほとんど頭上です)
②ひときわ強く輝いている星が織姫=ベガ
③ベガを起点に南東方向にあるのが彦星=アルタイル
④アルタイルから東の位置、ちょうどベガ、アルタイルと繋ぐと
二等辺三角形ができる位置にあるのがデネブ
天の川が見えれば、
天の川の西側に織姫、東側に彦星という位置関係ですので、
これもヒントになるかもしれません。

デネブは距離が遠いため多少光が弱く、見えにくいですが、
3つの星すべて肉眼で見ることができます。

 

この辺りで失礼します💨

 

この記事を書いた人:

てつさん

アイゼンたつの店の村上です☺ ホールで見かけたら宜しくお願いします。